鍵のことなら【カギ交換・修理navi】

*

カギ交換・修理navi

年間受付件数20万件以上

事前調査無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7254

フリーダイヤル0800-805-7254

どんな方法があるの?

賃貸住宅などに引越してきた際に、鍵を交換するとなっても、実は方法は一つではありません。

任意で自己負担

最近多いのは、「鍵の交換は自己負担ですが、任意ですのでお任せします」というものです。
実は、住居者が変わるたびに交換していると、管理者にとっては管理が非常に大変になってしまうのです。また経済的にもあまりよろしくないという理由もあります…

使いまわしされるカギ①

先ほどにも述べたように、鍵の交換は管理者にとって管理面と経済面で大変だという事情があります。そこで「鍵をローテーションする」という方法で、交換してしまうという手法をとる場合があります。
アパートやマンションで、一つの部屋につき、住居者が変わる度に鍵を交換する、という事を何度か繰り返した場合、同じ部屋でも鍵がいくつか存在することになります。そのいくつかの鍵をローテ-ションで使いまわす場合があるのです。
例えば、3年前の住居者が使用していた「鍵①」、2年前の住居者が使用していた「鍵②」、1年前の住居者が使用していた「鍵③」があり、去年の住居者は鍵③を使用していたけれど、今年からの住居者は鍵①を再び使用する といった方法です。

使いまわされるカギ②

鍵のローテーションの方法にはもう一つあります。
先ほどは一つの部屋にいくつかの鍵が存在している場合でのローテーションでしたが、同じアパート・マンション内にあるいくつかの部屋の間で鍵を交換するという方法もとられる場合があります。
例えば、101号室で使用されていた「鍵①」、102号室で使用されていた「鍵②」、103号室で使用されていた「鍵③」をそれぞれローテーションさせて、101号室は「鍵③」、102号室は「鍵①」103号室は「鍵②」に交換してしまうという方法です。

一口に交換といっても、様々な方法があるのですね。